2014年11月13日に第7回『超寿命材料産学官研究会シンポジウム』を開催いたします。

2014年11月13日(木)に第7回「超寿命材料産学官研究会シンポジウム」を開催いたします。「軽量高強度化部品を達成する表面改質法と寿命評価」をテーマとしてショットピーニングを中心とした金属材料の表面改質および寿命評価に関する話題4件を下記の通りのプログラムでご紹介させていただく予定です。

多くの企業・官庁の方々にご参加頂けると有り難く存じます。
参加をご希望の方は、参加申込書にご記入の上、下記アドレスまでメールにてお送りください。
<横浜国立大学GMI研究拠点 gmi-honbu@ynu.ac.jp>

日 時 : 平成26年11月13日(木) 13:30-17:05 (17:20~ 懇親会)
場 所 : 横浜国立大学 共同研究推進センター2F セミナー室
共同研究推進センター http://www.gmi-ynu.org/?page_id=85
参加費 : 無料(要登録) ⇒参加申込書

《プログラム》
13:30‐13:35  GMI拠点長挨拶   横浜国大GMI研究拠点長 福富洋志

特別講演1
13:35‐14:35  微粒子ピーニングと高周波誘導加熱を併用した鋼の高性能化
慶應義塾大学 機械工学科 小茂鳥 潤

特別講演2
14:35‐15:35  超音波疲労試験によるギガサイクル疲労研究と最近の研究成果
物質・材料研究機構 古谷佳之

~~ 休憩  15:35‐15:50  ~~

15:50‐16:25  ピーニングによる構造材料の疲労強度向上とキズの無害化
横浜国大 工学研究院 高橋宏治

16:25‐17:00  微粒子ピーニング処理を用いた各種金属の表面改質
神奈川県産業技術センター 高木眞一

17:00‐17:05  閉会          横浜国大GMI研究拠点 梅村鎭男

—————————

17:20‐18:30 懇親会( 3000円 当日徴収いたします)  於 生協第二食堂

《連絡先》
横浜国立大学 共同研究推進センターGMI研究拠点
梅村鎭男 (E-mail: s-umemura@ynu.ac.jp)

 

This entry was posted in What's New. Bookmark the permalink.

Comments are closed.